【おねショタ】目が覚めると、隣の痴女妻に童貞を奪われていて騎乗位で中出しさせられました

初体験は、中学に上がってすぐの事でした。
相手は、当時の自宅の隣の家のお嫁さんでした。
休日の部活帰りに声を掛けられて、荷物を家に置いて、遊びに行くと、出された物を口にしているうちに眠っていました。

気付くと、制服などは脱がされて、ボタンを全て外されたシャツだけの格好で、お嫁さんは全裸で俺の体に舌を這わせていました。

怖さなどがあり、寝たふりしか出来ず、体は硬直していました。
それでも、チンコは立ち、いつしかお嫁さんが俺に跨って、そのまま事に及んだのです。
俺の上で声を軽く出しながら、腰を動かすお嫁さんを下から細く目を開けて見ていました。
怖さもあったせいか、初体験にしては長持ちしてしまいながらも、結局はお嫁さんのペースで中に出してしまいました。
マンコから精液を垂れ流しながら、俺のを咥えるお嫁さんに興奮してしまい、次は俺の方が押し倒すようにして、2回目を行ってしまいました。

それから不定期にお嫁さんと関係を持つようになり、向こうの都合が大丈夫ならば、俺の部屋から見えるように合図まで決めたりしました。
結果として、一人目の子を妊娠するまで関係は続きましたが、その子供はもしかしたら、俺の子かもしれませんでした。

コメント